→1月 →2月 →3月 →4月 →5月
 
カフェ付でたなばたオープン(7月7日木曜日)



2011年7月7日(木)
トキを楽しむカフェオープン
おもちゃの時間にもっとひたれるようにしました。


コーヒーも注文を受けてから豆をひくので
時間がかかります。
コーヒーの味にもこだわりました。
変わったサイダーもあります。


空想カフェ専用ホームページ http://asakusanocafe.com/



2011年7月6日(水)空想カフェオープン前日
さすがに昨日はてんてこ舞いでした。
ディスプレーやら
連絡やらで。


空想カフェ専用ホームページができました。
http://asakusanocafe.com/



2011年7月4日(月)
なにが見えるのだろう
おもちゃですこし休憩しましょうよ



2011年7月3日(日)
また、
ものがあふれ出してきた気が、、、
工夫はしていますが。



2011年7月2日(土)
おもちゃたちもしばらく待機中です。
まずは棚から配置していきます。
位置決めが迷うんだなあ。

いっぱい見せるのは卒業したので
楽しんでもらえるようなレイアウト。
これが難題なんですね。



2011年7月1日(金)
ふられちゃったのかな、ペコちゃん。
サトちゃんにそっぽむかれてますね。
椅子はスタルクです。

昨晩からおもちゃ部屋の飾りつけに入りました。
まだガラガラ。
工事の方は98パーセント完成。
あとは細かな部分だけです。



2011年6月30日(木)
七夕7月7日木曜日オープン
新しくなった空想雑貨をお楽しみ下さい。


よりリラックスできる空間で
コーヒーを飲みながら
時間を楽しむことができます。


コーヒーは注文を受けてから豆をひきます。
できあがるまで5分くらいかかります。
味は下町濃厚ブラック。
サイダーもあります。





営業時間は終了が一時間遅くなって
11時から20時まで。
お休みは火曜と水曜。
週末はイベントなどで遅くまでやっている予定です。

8日金曜日は18時までとなります。
準備のため早じまいします。



2011年6月29日(水)
御徒町の家具店WOODWORKさん
空想カフェのポストカードを置いてもらえることになりました。
ありがとうございます。
社是にある職人の心得がすばらしい。(PDF文書)




2011年6月28日(火)
工事は今月いっぱいで終了します。
工事終了明け渡しのあとからが
いよいよ飾りつけで、
それからスタートというわけです。
七夕くらいから始められればよいかなと思っています。



2011年6月27日(月)
ペンキ屋さんは天板を七回塗って
テーブルができあがった。
ドイツの焼き菓子のような印象。
タクシーに乗ってやってきた叔母が
別の建物と思って店を通りすぎてしまった。
新しい店のデザインをとても気に入ってくれた。



2011年6月26日(日)
おもちゃを覗く窓とコーヒーを淹れる司令塔
インテリアは機能性を重んじ
デザインは翼となって
心地よい気流を運ぶ。
おもちゃはさらに浅草の風流を進める。
新空想雑貨、進水間近。



2011年6月25日(土)
お月様みーーーつけた
いまから三十数年前
時代遅れだといわれ
捨てられたり
生産中止になっていく商品がありました。
それが「ブリキのおもちゃ」でした。
湯島パニポートの故坂本氏や
渋谷の文化屋雑貨店の長谷川さんたちが
先陣を突き進みました。

そして昭和の終わる20数年前
製造メーカーすら気にされず
おもちゃはブリキだけだと評価されている時期に
空想雑貨は
ソフトビニール製の怪獣玩具の美学を発表し、
新しい道を切り開いてきました。

それは
「重さ」「色」「造形の非対称性」
「マルサン商店という製造メーカーのクォリティ」などなどでした。

すべては「見立て」です。

おもちゃにはまだまだ無限の可能性があります。
そして今度生まれ変わる店は
おもちゃの可能性にチャレンジしていこうと思っています。



2011年6月24日(金)
青い三角形、登場
バウハウスの積み木のような。
入り口から続く「参道」。

黄色い正方形

赤い長方形

穴もあいています。


完成が近づいてきました。



2011年6月23日(木)
ブライアン・イーノ
DRUMS BETWEEN THE BELLS - BRIAN ENO AND THE WORDS OF RICK HOLLAND
[HARDBACK 2CD EDITION]
[2CD+44P Book / 解説付 / 1000枚限定 /国内仕様スペシャル・エディション盤]
\3600

夏至の日にイーノの新譜を聴いていました。
陽が落ちてからまたひとつ扉が開くような気がしました。
夕闇の影が豊かなんです。
ジャイアント・レッドキングなんか惚れ直しますよ。
今度の空想は、、、



2011年6月22日(水)
そもそも美術館とは
建築家コルビジェがいったことですから、
心して聞きましょう。


「コレクションの展示は一部でいい。
空いたスペースを芸術交流の場に利用すべきだ。」
(西洋美術館の構想で語った一節。)


御徒町にある
こだわりの家具ウッドワークさんへ立ち寄りました。



2011年6月21日(火)
洋菓子アンヂェラス(浅草)で
梅いりアイスコーヒーを飲みました。
合羽橋でシンクとガス台を注文。
御徒町のディスカウントショップ多慶屋(タケヤ)で冷蔵庫を。

家に帰ったら、ドーナツドリッパーの開発者中林さんから、
ドーナツドリッパーが届いていました。





もらっちゃいますよ、ありがとう中林さん。
カフェではコーヒーはすべてドーナツドリッパーで淹れます。



2011年6月20日(月)
だいぶできあがってきました。
カウンターと常連席です。
椅子にあわせて
床の高さを決めました。

くつろぎやすさを最優先した設計です。
どんな椅子が入るか
楽しみにしていて下さい。

建築もおもちゃもいいデザインには設計思想があるし、
建築もおもちゃもいい仕事は必ず職人を大事にしている。



2011年6月19日(日)
珈琲は5分くらいかけて店主が淹れます。
濃すぎる味かも。
おもちゃも店主がなるだけ説明します。
こちらも濃すぎるかも。


いままでの店よりも
さらに
時が止まっているようになるかもしれません。



2011年6月18日(土)
カフェ用のホームページができました。
空想カフェhttp://asakusanocafe.com/



2011年6月17日(金)
時の窓
はやくも「銀河窓」と名づけた人もいます。
過去と未来を繋ぎます。
それはどういうことなのか、お楽しみに。
今回リフォーム工事のいちばんの見せ場です。

iPad2で青空文庫の電子書籍を読む。
→参考資料
「茶の本」(岡倉天心)と「いきの構造」(九鬼周造)を本棚へ。
久生十蘭と辻潤は夜の楽しみになる。
デリシャス!



2011年6月16日(木)
ギャラリーにも利用できるので、
現代アート作家が下見に来てくれます。
イベントもできます。
もちろんおもちゃイベント展示会も。



2011年6月15日(水)
写真うつりは
なんだかスペインの家みたいですねえ。
下地をしっかり作って
それから塗装だそうです。
パテ処理をして
平らにしています。

下地づくりがいいモノ作りの根幹であるとか。
なんにしても共通した話です。



2011年6月14日(火)
浮遊感のある白だからと職人さん
合羽橋まで電球を買いに行く
歯医者に行く
お煎餅を買いに行く
道路で建築家とメンコをする
近所の人と話をする
湯頂天工房さんが椅子を持参で遊びに来るetc



2011年6月13日(月)
店の入っているビルは
もともとは僕の祖父さんが建てたもので、
今度の改築には
どういう訳だか
節節に祖父さんの影や力を感じている。

古道具屋で買ってきた小さなテーブルには
メンコを置こうと思った。
そしてさんざん迷ったあげく
このテーブルに
祖父さんの革張りの椅子を配置してみたら
ちょうどぴったりした。
このスペースでウトウト眠りそうになった。



2011年6月12日(日)
実際に見てさわらないとだめだと痛感しました。
古物は特に。
今回行った
どのお店もどのカフェもレベルは高かった。
東京のお店もよほど頑張らないと、
ちょっと足りないし勝てません。
東京は土地代が高いから、まあね、、、

←画像はカウンターの床。こちらは荒い仕上げ。
もう片方はキレイなつるっとした仕上げ。

店内がカタチになってあらわれてくると、
おもちゃの飾りつけが気が気ではありません。



2011年6月11日(土)
今日は古道具屋さんまわりに行ってきます。
雨が上がったら。

カウンターがだいぶできてきました。



2011年6月10日(金)
気のせいかまわりで改装や新規オープンが増えている。
合羽橋の老舗厨房屋さんのリニュアル


以前
緑の多い場所で
幕ノ内弁当をつっつきながら
品評会(空想流オークション)をやったことがありました。
ちょっと風流を気取って、
貧家銭内こと平賀源内みたいに。
後楽園の庭園でやったのだけど、洒落がわかった人は?でした。



2011年6月9日(木)
合羽橋道具街で物色。
ここはペンギンカフェや文化屋をはじめとして
70年代から雑貨屋の仕入れ先。
空想から5分。
僕の通った小学校はこの道具街の端っこ。

歩いて20分くらいかな。
カーテンを買いに日暮里繊維街まで。
ここでは定番のTOMATOを見る。
ミッドセンチュリー系の緑色の生地を買う。
安し。

工事はいよいよ庭の外塀へ。
 倉庫で出番を待ち焦がれているサトちゃん



2011年6月8日(水)
いい仕事ってなんだろうと
建築家と話し合っています。
見えないところでも手を抜かないこと、
そう思っています。
建築でもおもちゃでも。



2011年6月7日(火)
業務用エアコンが入ると、
らしくなるものですね。
吹き出し口は四方にあります。

モンドリアンのポスターを注文。
額はピンクです。

新空想、おもちゃルームは
かなり落ち着けそうです。

親友から
MACキューブをもらえるので
置き場所を一緒に考えました。



2011年6月6日(月)
現場はいつでも面白い。
建築現場も
映像現場も
おもちゃ探しの現場も。



2011年6月5日(日)
日程表が上がってきました。
工事は順調です。
常連様用極上席、
椅子の高さをチェックしました。

リフォーム工事が完成したあと、
即行で店のディスプレーを仕上げないといけません。
ちょっと心配ですが。
どんな飾りつけにするかかなりプレッシャーですね。



2011年6月4日(土)

当時の広告記事が出てきました。


鉄人28号ロボット


NO4
電動式リモートコントロール
全国420円都内400円


NO5
全国580円   都内550円


ビッグX
全国900円 都内850円

大工さんのかんなに「無能」と書いてあった。
三脚には「他力本願」。
いい大工さんに恵まれました。



2011年6月3日(金)
コルビジェがおもちゃ屋を作ったなら
近代建築の父コルビジェ。
彼の写真を飾っている建築現場は
世界中探してもおそらく皆無だろう。
今日も一日微笑んでいて下さい。

マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)
お急ぎ便で発注。

朝、大工さんに4分30秒かけた濃厚珈琲をお出しする。



2011年6月2日(木)雨
場の力を強めるデザイン
店には不思議な孔がいくつかあいています。
もともとはエアコンの孔だったり
換気扇の孔でした。
それをそぐのではなく
それをいかして環境の力を高めていくデザイン。

新しい店には不思議な孔や
不思議な窓が用意されているでしょう。
世界の見え方が
おもちゃの見え方が変わっていくはずです。



2011年6月1日(水)
工事開始からほぼ一ヶ月がたちました。
面白い空間ができあがりつつあります。
楽しみにしてて下さい。

懐かしおもちゃ屋がなぜカフェを併設するようになったかと
あらためて書くと、
もっと粋に生きていきたいと思ったから、
そんなところですね。
だってそもそもオモチャは粋なんだから。
ヤボの世の中は
そろそろ収束させたいし、ね。

オモチャをもっとキレイにみせたい。
1960年代日本製玩具と1960年代日本製雑貨を
20数年扱ってきて、
そんな思いがどんどん強くなってきたんですよね。

ペンキ名人は今度の店のある箇所を
フェラリーの赤に塗りました。
赤は赤でもフェラーリの赤とハッキリ言われたのでした。



2011年5月31日(火)
dip in the poolニューアルバム



紅茶の基本(竢o版社)
※巻頭で熊崎俊太郎君が紅茶の魅力を語っています。


東京の喫茶店(川口葉子)
※神保町のさぼうるもラドリオも10代の時から行っていました。


雑誌少年と鉄腕アトムクラブ(1965年)を読む。



指宿市のサイダーを飲んだ。
シュワシュワワーーー。

===============================================================================